スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経ニュースの記事。







「まるでカフェ?」 
完成から2年、住民反対の中で入所者決まった「自立更生促進センター」とは


↑ クリックすると別画面で開きます。




7月31日付の
産経ニュースです。




この記事の3ページ目に
こうあります。


~ 以下引用 ~


 反対の住民たちは7月20日、
 民主党福島県連に党本部幹部の現地視察を要請した。

 だが、千葉景子法相は記者会見や国会答弁で、
 「センター構想の推進」を繰り返している。

 このため、党側が“民意”をたてに、
 政治主導で法務省の方針を覆すのは難しい状況だ。



~ 引用終了 ~




民意を拾わずに当選し、大臣にまでなった人が

民意を拾わずに強硬路線をひた走り

民意を拾わないから落選した。

しかし、
その民意を拾わない”民間人大臣”は

その強硬路線を止めはしない。



何故だ?


それは未だに”大臣”だからであろう。







。。。。。。。。。。









結局、この一人にヤラレタ気がしてしまう。


自民党政権時代、

副法務大臣が現地を視察に来て
「 白紙もありうる 」と言ったり、

法務大臣が
「 強行に開所などしない 」


そう言っていたにもかかわらず



『 ある一定の理解は得た 』

『 官報に乗せた 』

『 ハナから場所の変更は考えていなかった 』

などと
一度も福島の地に足を踏み入れる事無く

入所を決めた。







これを【 強行 】と言わずに何と言うのか?








大臣という椅子には

”民意など拾わなくとも良い”

という張り紙が貼ってあるのだろうか?




国民の代表として選ばれた人ならば

その国民の声を拾うのが仕事ではないのか。




そして、その国民に
「NO」と言われ、
落選した人ならば


潔く、
そして一日も早く去った方が良い。






その間に入っている

賛成派や反対派の【 これから 】を考えた時に


法務省に
”対立の構図”を造り上げられてしまった同じ福島市民同士を

いがみ合わせてはいけないのだ。



それは【 孫子の代 】まで続いてしまう恐れがある。



数十年も続いている
【 八ッ場ダムの問題 】をニュースなどで見る度に


そう考えてしまうのです。








そのような事すら分からない大臣など

血の通わない政治家など





この国には要らないのだ。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。