スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世の為。


新大阪地検特捜部長に曽木徹也氏が内定

 大阪地検・松田一郎特捜部長が8日付で大阪高検に異動し、
後任に法務省保護局総務課長・曽木徹也氏が就任することが内定した。

 曽木氏は、86年に検事に任官後、
警察庁刑事局や法務省刑事局勤務などを経験している。

大阪地検勤務の経験はないことから、
最高検がまとめた「大阪特捜部をめぐる一連の事件の再発防止策」
に基づく交流人事とみられている。
日テレNEWS24 4/1 23:22



”曽木徹也”

どこかで聞いた名前だと思いました。


そして思い出すまでに
そう時間は掛かりませんでした。


福島自立更生促進センターを開所するにあたって
ドヤ顔・ニヤケ顔で会見した”あの人”である。


地検の特捜部長に抜擢。


震災で苦しんでいるこの時期に
「エリート」と言うのは素晴らしいものだ。



南元センター長もこの4月に福島を離れた。



言わんこっちゃない。

センター立ち上げの人間は徐々に福島を離れていく。





どれだけ揉めたというのか。


どれだけ反対の声があり、

どれだけ地元の人間が心配していたのかなど

知る由もない人間がセンターを運営していく。




。。。。。。。。。。





曽木徹也と言う人は
日野市職員の年金着服事件で

警視庁捜査二課が書類送検した市職員を
わずか2日で起訴猶予処分とした人物。

当時(2007年11月)の曽木徹也東京地検八王子支部副部長は

「容疑者がすでに受けている社会的制裁や
 反省の度合いなどを総合的に考慮し、
 起訴の必要がないと判断した」

と説明した。



ネット上では

『 役人には甘い 』

『 社会的制裁と反省すれば金着服しても起訴されない!
  ふしぎ! 』

などと書かれ、
公務員寄りの行動に批判が出ていた。



福島自立更生促進センターも
この人の出世の為に利用されたのかと思うと
なんとも情けない思いだ。



今回のブログは

自立更生とか
更生保護などとか
そういった類ではありません。



福島自立更生促進センターが
どんな経緯で構想が進められ

造られ

反対され

構想自体を曲げながら

最後は強行開所となったのか。



その中心となった人物が

現地に居ないと言う事に対しての憤りと


ある種の寂しさにも似た悲しみである。





ハンコを押した千葉大臣(当時)は今、


今や”ただの人”である。



何かあった時に責任を取るのは

何か無いように進めていくのは




誰なのだろう。








スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。