スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島市議会の意見書







今日の午後になって


「ようやく」連絡が取れました。




。。。。。。。。。。。




先週の金曜日、

樋高副幹事長さんの事務所に
電話をしたところ


秘書さん  『 本会議(国会)が大詰めの状態で
         私、秘書でも本日は会えないような状態です。。。』



しかし、
『 本人に必ずお伝えします。 』

と聞いていたので


今日の午後に
再度連絡を入れてみました。



秘書さん 『 詳細については、石原洋三郎議員に聞いて下さいとのことでした 』





ならば、と思い


石原事務所へ電話をする事に。




事務所にはいなかった洋三郎さんでしたが

秘書さんから連絡が行ったのでしょう

すぐさま電話をくれました。



洋三郎議員 『 新聞などの報道にあった通り、
        樋高副幹事長から
        「誠実に対応していく」と聞きました 』


どうやら
石原洋三郎議員(福島一区)の手から

  ↓

福島県連

  ↓

副幹事長

  ↓

法務副大臣

  ↓

最終的に
”法務政務三役”にバトンは渡っているようです。



政務三役とは、大臣、副大臣、政務官の三人を差し

実際に判断するのは、この3人だと言う事です。



いつ頃までに判断がなされるのか
福島にいる僕達には
見当もつきませんが



何かしらのアクションがなされた時には
僕に連絡を頂ける旨
確認が取れました。



「 期待したいと思います 」




。。。。。。。。。。。。。。。





それまでに
福島市長・福島市議会が

どのような働きかけを国に対してやっていくのか


動きが少しづつではありますが
出て来ているようです。



【 意見書の提出 】

~ 意見書とは
 地方公共団体の機関たる議会の意思を決定・表明するもの ~
                (ウィキ参照)

だそうです。




福島市議会として

どのような”意見”を国にするのか


その内容に注目です。



 

ここまで来てしまうと

政治決着しかないのでしょう。





私たち国民の声は

”署名 ”という形でしか示すことは出来ません。





最近、
『 署名したいのだけれど
  どこでどうやって良いのか分からない 』

と言う声を度々聞く事があります。




署名は
まだまだ集めていますよ!



新・署名用紙のダウンロードはこちらからです。


署名用紙は僕のところにもあります。


以前、
8万を集めた時に署名した人であっても
もちろん署名してください。

「まだまだ理解はしていない」と言う事を示すためのものです。


福島市民でなくても署名することは
もちろん可能ですし、


  ~ 日本国民として、強行開所には反対 ~


と賛同していただける方がいらっしゃいましたら
是非、ご協力ください。


お送り先は

〒960-8051
福島市曽根田町6-10 第八モールドビル2階 熊坂良太   

もしくは僕のところまで。
どうかよろしくお願いします。




近くにお住まいの方や

『 あれって、どこに行けば書けるのかね? 』

という声を聞いた時には

ダウンロードしていただくか

僕のところまで来ていただければ

用紙、何枚でも差し上げます。




速報値で
5万名を越えているようです。



数字は分かりやすいので

説得力もあります。



ぜひご参加ください。











スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。