スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自腹。







昨日(29日)の民報新聞に

東京に霞が関ある国会まで行ったとあります。


大変な行動力
と共に

大変な出費なんです。




行き帰りの新幹線代、地下鉄に乗れば地下鉄代金


それよりも何よりも

ご自分で店をやっていたり
雇用主に許可を得たり、


お仕事を休んだり、時間をもらうと言う事は

それなりのリスクと
”自分がいない分の雇用”が発生します。



皆、反対の抗議活動でご飯を食べている訳ではありません。



駅前で署名活動をするにも

許可を得る為に「何千円」というお金が掛かります。


”市民会館”を借りる時にも

”文化センター”を借りる時にも


その度にお金が掛かります。



それを
何回と何十回と自腹で払っているのです。



こうして『 反対 』と言う事によって

身内や、店や、従業員の生活に

何かしらの誹謗中傷があるかもしれない。


そういった『 もしかしたら 』という恐怖とも戦っているのです。



その中で
腹くくってやっているのです。



でも、正直、

「国策に反対する」と言うのが

どういったものなのかと考えると




今でも怖くなる時があります。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。






先日、福島保護観察所に行った時に

住民説明会を”公開”と言う形でやってほしい

と、井坂保護観察所長にお願いをしました。



各テレビやメディアの前での討論形式で。




それを
『 この場で即答は出来ない 』

と言うのです。




当然でしょう。



今、説明会などやったのなら


『 反対の意思がこれだけある 』と言う事を

もう一度示してしまう事になります。





合同会の主催でも構わないんです。


多額の出費はしょうがない。



ただ、ちゃんと出席してくれるのかがわからない状況ですね。





また、逃げるのでしょうか?



責任の所在に関しても


南元センター長は

『 ココ(学校密集地域)で運営しても、問題がない事を証明したい 』と語った事があります。



それならばなぜ

『 私が責任を持って 』と言えない?




『 何かあったら
   ココ(福島自立更生促進センター)を〆ます。 』


となぜ言えない?



福島に先立って開所した

”北九州の自立更生促進センター”での

入所中の事件事故は

今のところ0件だそうです。


しかし
出所した後の事件事故は

1~2件。




残念ながらこの1年間での再犯は0ではありませんでした。



この情報は開示されているのでしょうか?




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。







もしも、
福島自立更生促進センターに入所した人が問題をおこしたりしたら


もし身内になにかあったら



”あなた方のクビ”ぐらいでは済まされない。




全国の刑務所から
仮釈放者を集めようとしているのは

法務省であり、

福島保護観察所であり、


多くの反対があるにも関わらず
強行に開所をしているのは


あなた方だ。




その責任がないとは言わせない。








なぜ、
自分の身を守る事ばかり考えて

腰を引くのだ。



何かあったら自分の出世が危うい


そんなことばかりを考えて

周辺住民の事を何も考えない。




ひいては
仮出所者が

本当の意味で

地域の人達とのふれあいの中で

更生をし、社会復帰していくのを妨げているのは




地域住民をないがしろにし

共存共栄の道を壊した


法務省・保護観察所なのだ。






もう一度、

開所を止め、


本当の意味での『 日本の更生保護 』を語れる
保護司の人達、法務大臣・官僚・政治家達と共に


語り合いたい。




いま、あそこの場所で開所運営しても


長い目で見た時に

良くは無い。




長年苦しんできた沖縄

長年苦しんできた諫早の問題が



もうすでに語っているではないか。













スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。